婚約とは

一昔前まで、結婚式や結納といったものは軽視される傾向にありました。これは、バブルがはじけた影響から地味婚が主流となり、結婚式や新婚旅行、婚約指輪といった結婚にあたってかかる費用を少しでも抑えようとする傾向があったためです。結婚式は一生に一度のものなので記念に残したいと考える反面、結婚式や諸々のことにかかる費用は大きくなるために、そこを抑えて新生活のための費用にしたり、結婚後の生活のための蓄えにしたりマイホーム購入の資金にしようという堅実な考えが広まったことが原因です。

また、少しこういった形式ばったことをすることに対して少し恥ずかしい、ちゃんとしないことにカッコ良さやステイタスを見出す傾向もあったこと、おめでた婚が増えたこともこのような段階を踏まなかったり最低限のことで済ます人が増えた原因の一つでもあります。

しかし、最近は結婚式業界もその費用をリーズナブルにする工夫をしていること、昔からのしきたりは大事にしようという風潮があること、記念に残る事はきちんとしようという考えが広まったことから結婚式を行ったり婚約指輪を渡したり、結納をしたりといったことをきちんと順番通りに行うカップルも増えています。

しかし、いざ自分たちが結婚するにあたってきちんと婚約をしようと思っても両親が行ってないために段取りや準備がわからないという人も多いものです。そこで、ここではこれから結婚するにあたって結納から行い人のために、婚約の歴史から準備まで必要な知識を紹介していきます。