婚約の方法

婚約というのは定義として交際相手と結婚の約束をすることを意味します。婚約をするというのは、この結婚することを決めたことを周囲に知らせる状態のことを指すことが多いです。婚約をしても、入籍とは異なり役所に書類を出すこともないですし、式をすることもありません。そのために、婚約の仕方というのは特に決まったルールはありません。そこで、婚約指輪を渡すということで、指輪を見てプロポーズをされたんだということを周囲が理解することも多いです。

婚約をすること、そしてそれを周囲に伝えることで、結婚に向けての意識も高まりますし日頃なかなか連絡を取れない人に知らせる機会にもなるというメリットがあります。そのため、婚約したら周囲に伝える機会を設けることはとても有効です。婚約を伝えるために結納を行ったり、婚約パーティーを行ったりということがされています。

ただ、新しい文化であるため、正式な婚約パーティーの形式というのはありません。そこで、自分たちで考えて行うことが面倒と感じる人は婚約の報告の手紙を結婚式の招待状の前に送るという方法をとる人もいます。また、このようなことが面倒だと感じる場合には、オーソドックスな婚約指輪の贈呈で二人だけで婚約の証となるイベントを行うというのもあります。

婚約の歴史

婚約をするという風習は日本でも古くからありました。歴史上、明らかになっているのは、古墳時代から相手を想う気持ちを詩にして意中の相手の家の前で詠むことがプロポーズの始まりとしてあり、それを公表するのが婚約とされています。しかし、その後平安時代の後期からは政略的な結婚をすることもあったために、プロポーズをして結婚をすることがなくなります。

その後、江戸時代後期からまた恋愛結婚をする人も増えていきますが本格的にその傾向が強くなったのは戦後からです。戦後になると、1960年代あたりから結納の際に結納品として婚約指輪が贈られるようになります。それが1970年ごろからダイヤモンドを取り扱う宝石店がダイヤモンドの固い絆という石言葉であるというのに注目してキャンペーンとしてコマーシャルを打ち出したことで本格的に婚約の儀式が行われるようになりました。

ちなみに、婚約指輪が給料の三ヶ月分と言われるようになったのはテレビの影響です。これは、ドラマの中でこのようなフレーズが使われたことで婚約指輪は給料の三ヶ月分でありなおかつダイヤモンドが使われたものを贈るということが主流となりそれに伴い婚約をするという考えが根付くようになりました。

婚約とは

一昔前まで、結婚式や結納といったものは軽視される傾向にありました。これは、バブルがはじけた影響から地味婚が主流となり、結婚式や新婚旅行、婚約指輪といった結婚にあたってかかる費用を少しでも抑えようとする傾向があったためです。結婚式は一生に一度のものなので記念に残したいと考える反面、結婚式や諸々のことにかかる費用は大きくなるために、そこを抑えて新生活のための費用にしたり、結婚後の生活のための蓄えにしたりマイホーム購入の資金にしようという堅実な考えが広まったことが原因です。

また、少しこういった形式ばったことをすることに対して少し恥ずかしい、ちゃんとしないことにカッコ良さやステイタスを見出す傾向もあったこと、おめでた婚が増えたこともこのような段階を踏まなかったり最低限のことで済ます人が増えた原因の一つでもあります。

しかし、最近は結婚式業界もその費用をリーズナブルにする工夫をしていること、昔からのしきたりは大事にしようという風潮があること、記念に残る事はきちんとしようという考えが広まったことから結婚式を行ったり婚約指輪を渡したり、結納をしたりといったことをきちんと順番通りに行うカップルも増えています。

しかし、いざ自分たちが結婚するにあたってきちんと婚約をしようと思っても両親が行ってないために段取りや準備がわからないという人も多いものです。そこで、ここではこれから結婚するにあたって結納から行い人のために、婚約の歴史から準備まで必要な知識を紹介していきます。